男性型脱毛症として知られるAGAですが、自分は大丈夫と思い込んでいて実は症状が進行気味という例が多々あります。なってから対策ではなく、なる前から常日頃ケアをすることが大切です。手遅れになる前に対策をとりましょう。

AGAかどうか気になる男性

AGA予防には毛髪チェックとスカルプケアが重要

AGAとは、男性型脱毛症のことをいい、その名のとおり、男性ホルモンが影響することによって、思春期以降の男性が発症する頭頂部や生え際部分の髪の毛が脱毛し、薄くなっていく症状です。AGA(男性型脱毛症)が厄介なことは、最初は髪の毛が抜け始める症状だけですが、放置してしまうと徐々に髪の毛が細くなっていき、短期間で抜け落ちてしまうようになります。最終的には、産毛のような細い髪の毛になってしまい、地肌が透けて見えるようになります。このように、AGA(男性型脱毛症)は、進行していくという特徴があるのです。AGA(男性型脱毛症)を予防するには、ご自身でAGAのセルフチェックや遺伝子検査キットなどを取り寄せて診断をしたり、薄毛治療のクリニックの毛髪診断士などに、ご自身の毛髪や頭皮の状態などを診断してもらうと良いでしょう。簡易検査キットは13,000円程度費用が掛かりますが、クリニックのヘアチェックは、無料で行っているクリニックもたくさんありますので、薄毛や抜け毛が気になる場合には、一度無料のヘアチェックを受けてみてはいかがでしょうか。もしも、プロの診断で、AGA(男性型脱毛症)が、進行しているという場合には、早めに治療が必要になってきます。また、現在それほど薄毛や抜け毛は気にならないという方であっても、頭皮の血行が悪くならないように頭皮をマッサージしたり、頭皮を清潔に保つなどのスカルプケアを行いましょう。なかでも、5α-リダクターゼの働きを阻害し、DHTに変換されるのを抑制する成分配合のAGA治療専用のシャンプーやヘアケア用品を利用することで、AGA(男性型脱毛症)予防や改善を行うことができます。