男性型脱毛症として知られるAGAですが、自分は大丈夫と思い込んでいて実は症状が進行気味という例が多々あります。なってから対策ではなく、なる前から常日頃ケアをすることが大切です。手遅れになる前に対策をとりましょう。

AGAかどうか気になる男性

AGAや白髪に効果が期待できるアロエ

AGAは、男性型脱毛症ともいい、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンという物質を生み出されることによって引き起こされ、おでこの生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってきてしまいます。
また、白髪は髪の毛を黒くさせるメラニン色素を作るメラノサイトという細胞の働きが衰えることによって引き起こされます。
アロエは、毛根の組織の働きが活性化する成分が含まれています。
アロエに入っているアロインという物質が、人工で合成されたフィナステリドというAGA治療薬にも使われている成分と同じように、テストステロンと結びつく5αリダクターゼという酵素を不活性化させるということが確認されていて、AGAで引き起こされる薄毛などの症状を抑える効果が期待できます。
そして、アロエには、レクチンという毛根にある髪の毛を生み出す細胞の働きを活性化させてくれる成分が含まれています。
また、アロエには、ポリフェノールという頭皮に良い刺激を与えてくれる成分も含まれています。
この効果は薄毛の症状だけではなく、フケが出やすい頭皮にも効果があります。
アロエには、タンニン酸という細胞の内側に浸透していくことによって、細胞の働きを活性化する効果がある成分も含まれています。
このタンニン酸は、細胞を再生させる効果もあり、髪の毛を生み出す毛母細胞に再生させる効果を発揮すればAGA治療に効果が発揮され、髪の毛を黒くさせるメラノサイトを再生させる効果を発揮すれば白髪を減らす効果が発揮させることになります。
このようにアロエにはAGAを治療するだけでなく白髪を減らすことにも効果を期待することができます。