男性型脱毛症として知られるAGAですが、自分は大丈夫と思い込んでいて実は症状が進行気味という例が多々あります。なってから対策ではなく、なる前から常日頃ケアをすることが大切です。手遅れになる前に対策をとりましょう。

AGAかどうか気になる男性

AGAは髪に栄養を与えるフィナステリドが良い

AGAだ、遺伝や男性ホルモンが原因の成人男性に多い薄毛です。
遺伝や男性ホルモン以外には、ストレスや喫煙、生活習慣など原因となることもあります。
AGAは、生え際が徐々に抗体するM字ハゲや、頭頂部が薄くなるO型のハゲが特徴で、特に生え際が後退していくM字ハゲは、男性ホルモンが原因のことが多く、フィナステリドを主成分とするプロペシアが効果的な治療薬と考えられています。
テストステロンは、男性ホルモンの一種で、これ自体は薄毛を引き起こすことはありませんが、これが頭皮に多く分泌される5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換され、これがヘアサイクルを乱して、丈夫な髪になる前の産毛の段階で髪が抜け落ち、薄毛が進んでしまいます。
フィナステリドは、この5αリダクターゼを阻害する働きをするため、結果的にジヒドロテストステロンの産性を抑制し、 ヘアサイクルを正常に戻していき、薄毛を解消していきます。
一方、頭頂部の薄毛は、頭皮の血行不良が原因のことが多く、治療には、血行を促進させるミノキシジルが使用されます。
ミノキシジルは、血行をよくすることで、髪を作り出す毛母細胞に栄養を届け、丈夫な髪の産性を促進させていきます。

このようにAGAは、薬や外用薬によって治療することが可能です。
AGAは進行する薄毛ですから、なにも対策をとらずに放っておくと、徐々に薄毛が進み、気がついた時にははげてしまっているということも少なくありません。
軽度な薄毛の場合には、市販の育毛剤を使用したり、頭皮のケアを行うことで改善することもありますが、ほとんどの場合には、適切な治療がもっとも効果的です。