気づいた時にはAGA

男性型脱毛症として知られるAGAですが、自分は大丈夫と思い込んでいて実は症状が進行気味という例が多々あります。なってから対策ではなく、なる前から常日頃ケアをすることが大切です。手遅れになる前に対策をとりましょう。

AGAかどうか気になる男性

AGAの判断基準とは?

AGAは、男性型脱毛症とも言われていて、男性ホルモンが原因で髪の毛が抜けやすくなります。
AGAの判断基準は、ほかの薄毛に比べると、生え際や頭頂部だけが薄くなるという特徴的な抜け方をし、前から見るとM字型に髪が抜けたり、頭頂部から円をかくように抜けるというのが特徴です。
またAGAは遺伝によって起こる可能性が高く、親族にAGAの人がいる場合は、発症する確率が高くなります。
そのほかにも、同年代の友人と比べ、自分の髪が少なければ、AGAの可能性があります。
こういった判断基準に当てはまる場合には、念のため病院を受診してみるとよいでしょう。
AGA治療の種類は大きく分けて2種類あり、治療薬を服用、塗布する方法と、成長因子を頭皮に直接注入したり、植毛する方法があります。
発毛や育毛を促す治療薬を服用したり、外用薬を頭皮に塗布する方法は、もっとも多く用いられている治療法で、代表的な内服薬はプロペシア、外用薬はミノキシジルという薬で、プロペシアに含まれているフィナステリドが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きを抑制し、ミノキシジルは頭皮の血行をよくして、毛母細胞に刺激を与えて発毛を促していきます。また最近ではフィナステリドよりも効果の高いデュタステリドも開発されています。
成長因子を頭皮に直接注入する方法は、メソセラピー療法やHARG療法と言われるもので、新しいAGA治療法として注目を浴びています。
また後頭部や側頭部の残っている髪の毛を、薄くなった部分に移植する自毛植毛は、定着すると一生自分の髪の毛として生え続け、自然なヘアスタイルを手に入れることができるのが特徴です。
それぞれの治療法には、メリットやデメリットがありますから、事前にしっかりと調べて受けることが大切です。

■安心して使えるAGA治療薬のジェネリックです
フィナロ
■AGA治療は発毛や育毛だけでなく、抜け毛にも気をつけましょう
抜け毛予防はお薬で